不動産持分の売却は価格が安くなる

自分の不動産持分は売却できるのか

土地や住宅、マンションなどの不動産は均等に分けることは難しいこともあり、複数人で共有名義にしているケースもあります。
それぞれの共有者が不動産持分を持っていますが、不動産全体を誰かが売りたいと考えていても、ひとりの判断で勝手に売却することはできません。
その場合は共有者全員の同意が要るので、ひとりでも反対すると売ることはできなくなります。
では、自分の不動産持分だけを売りたいと考えている人もいるかもしれません。
この場合同意が必要というイメージもありますが、実は本人の不動産持分は共有者の同意なく売却可能です。
自分の不動産持分を売って現金にしようと考える人もいますが、この場合も注意が必要です。
一般的な不動産売買とは違い共有名義の不動産の一部の不動産持分だけを購入したいという人は少なく、買い手を見つけることも困難です。
売却できたとしても、相場よりもかなり安い価格になる可能性があることは理解しておきたいところです。

売却後にトラブルになる可能性もある

安い価格でも良いから、自分の不動産持分を売却したいという人もいるかもしれません。
他の共有者に知らせることなく、売却した場合は、その不動産は残りの共有者と持分を購入した第三者ということになります。
すぐには何も起こらなくても、将来的には購入者が他の持分について売買を迫るなどのトラブルが発生する可能性があることは知っておきたいところです。
トラブルを避けて、不動産持分を売却するなら信頼性の高い持分売却を専門に扱う業者に相談することも考えてみましょう。
高く売却できるだけではなく、安全な取り引きになることが期待できます。
この他でトラブルを避ける方法では、共有名義ではなく、単独名義に書き換えるという手段もあります。
他の共有者の持分について、贈与や売買で対応しひとりの名義にしておけば、共有名義で発生せるトラブルも避けることができますし、売却の際もより高値になることが期待できます。
単独名義にする場合も、贈与税などの税金のことも考えておきたいものです。

まとめ

共有名義の不動産は、一人の判断で売却することはできませんが、自分の持分だけなら他の共有者の同意なく売ることは可能です。
とはいえ、この場合は買い手が限られていることもあり、相場よりもかなり安い価格になる傾向があります。
それに、売却できたとしても、将来的に他の共有者と持分の購入者の間でトラブルが発生することも考えられます。
専門の業者に相談する、共有名義を単独名義に変更するなどトラブルを避ける方法も調べておきたいところです。